抜け毛対策のために覚えておきたい髪のダメージのこと

紫外線対策には帽子が有効

髪や地肌に様々なダメージが加えられると抜け毛薄毛が進行するため、これ以上進行させないためにも対策を行わなければなりません。
髪や地肌へのダメージはいくつかありますが紫外線もその一つです。
紫外線は一年中降り注いでいますが、特に春から夏はその量が多いため、帽子や日傘でダメージから守るようにしましょう。

 

一方で帽子は特に「きつい」と感じるものを選ぶと頭が締めつけられたり、頭皮が蒸れて雑菌の温床ともなりますので自分に合ったものを選びましょう。
また特に女性に多いですが、長い間髪を頭の後ろで一つに縛っていたり、分け目が同じ場所にあると頭皮がひっぱられるなどのダメージがあるため、髪型は定期的に変えるなどの対策が必要です。

 

更に最近では男性も女性もパーマやカラーリングをする人が増えてきました。

パーマは頭皮と髪に大きなダメージを与える

パーマやカラーリングの頭皮や髪へのダメージはかなり大きいと言われています。
特に薄毛に悩んでいる人が自分で行うとパーマやカラーリングを行うと薬剤の洗い残しで頭皮の毛穴が詰まることがありますのでできればプロに依頼し、両方行うのであれば1か月程度の間隔を開けることが望ましいです。

 

これらダメージに対する対策は意外と忘れやすいことが多いですが、抜け毛を増やさないためにも対策を忘れずに行いましょう。

抜け毛対策で使う育毛剤の種類とは

育毛剤の種類

育毛剤と言ってもいくつかのタイプがあるので抜け毛対策として効果が期待できるものを選ばなければなりません。
育毛剤のタイプには主に「血行促進効果の期待できるタイプ」「頭皮の皮脂汚れを落とすタイプ」「AGAの原因である男性ホルモンの働きを抑制するタイプ」「髪を作る組織を活性化するタイプ」の4つがあります。

 

抜け毛が起こる原因は男性ホルモン(AGA)であったり、頭皮の汚れで毛穴が詰まっていたり、血流が悪くて髪まで栄養が行き渡らない場合などが考えられるため個人の原因にあったものを選ばなければなりません。

飲むタイプの育毛剤は内面から育毛を促す

自分の薄毛の原因が分からない場合は医師などの専門家に相談する方法もあります。

 

更に最近では塗るタイプの育毛剤に加えて飲むタイプの育毛剤も増えてきています。
体の内側から直接作用する飲むタイプの育毛剤の方が効果が期待できる可能性は高いですが、やみくもにいくつも服用することはかえって症状を悪化する可能性もあるために避けた方がよいでしょう。

 

また育毛剤は長期的に使用することで効果が得られるものが多いため、コスト面でも対応可能なものを選ばなければなりません。
そしてインターネットでは実際に使用した人の口コミが掲載されたサイトもありますのでぜひ参考にしましょう。